不動産投資のリスクを回避|マンション経営なら工夫次第で成功確実

メンズ

不動産管理の仕方

電卓と硬貨

マンション管理の方法として、管理組合のみで管理する方法と、マンション管理会社へ委託する方法があります。現在では、8割以上の管理組合がマンション管理会社へ管理を委託しています。その理由としては、マンションの清掃や、管理費等の管理、滞納者への督促等全て委託することが出来るからです。マンションの組合には理事がいますが、理事だけでこちらを行おうとすると、とても負担がかかってしまいます。また、プロならではのマンション管理ができ、建物の修繕についてしっかりと計画を立ててくれます。また、管理会社が積極的に管理についての新しいサービスや取り組み等を取り入れようなとするため、最先端の情報を自ら取りに行く必要がないです。

マンションから管理を受託するマンション管理会社には2タイプあります。デベロッパー系と独立系です。デベロッパー系とは、分譲マンションの販売会社が管理会社となる会社のことを指し、独立系とは、マンション管理会社として管理のみに専念している会社のことを指します。それぞれメリットとデメリットがあり、デベロッパー系の場合、マンションについて建設から携わっているためマンションの構造についてよく分かっています。しかしながら、委託費は高めになっています。独立系の場合、デベロッパー系と比べると、委託費は安くなる場合が多いものの、建設には携わってないために大規模な修繕を行う場合、費用が高額になりやすい傾向があります。